WiMAXはひかり回線のような工事の必要はありません。契約さえすればルーターが届いたその日から即使えるわけです。私の場合は申し込みの翌日に届きました。

どのプロバイダーであっても端末商品(ルーター)の種類は同じですし、回線速度も変わりません。それならどのプロバイダーと契約しても同じなのかといえば、そうではありません。むしろWiMAX導入にあたっていちばん重要なことは、どのプロバイダーを選ぶかということです

WiMAXの導入手順

プロバイダーを決める
  1. ルーターの機種を選ぶ
  2. プロバイダーを決める ⬅️いまここ
  3. 申し込む。

①ルーターの選び方・参考記事】➡️WiMAXのルーターを比較

WiMAXのプロバイダー【はじめに】

WiMAXを扱っているプロバイダーはたくさんありますが、それらの公式ページを眺めていても違いをはっきりさせるのは大変ですね。

 

数多あるプロバイダーの中から、どのようにして決めたらよいのか、お悩みの方も少なくありません。ご存知だとは思いますが有名家電店などでも扱っています。しかし料金の面では大差があります。web経由のプロバイダーからの申し込みが、最も安くなります。

 

WiMAXプロバイダーを決めるとは言っても、web上にある多くのプロバイダーにも料金の違いがあり、それぞれの特徴もあります。いろいろなプロバイダーの公式ページを眺めていても、違いをはっきりさせるのは大変ですね。

 

キャッシュバックの金額などは時々変わりますし、価格体系も違います。同じことでも表現が異なったりします。例えばWiMAXのルーター機種を無料で変更できるのは「32ヶ月以上ご利用の方」とか「2年8ヶ月以降」などと書かれています。これ同じことなんですね。そしてわかりづらいのですが 料金の違いです。数ヶ月前の私も、たくさんの公式ページを眺め、その統一性のなさにアタマが混乱したことを覚えています。

 

WiMAXを契約する前に、各社のサービスをこと細かく調べました。月額料金の違いや、キャッシュバック、あるいはキャンペーンの有無などもつぶさに比べました。記事中にも書きましたがWiMAXの機種や性能においてはプロバーダー間に差異はありません。それゆえ、各プロバイダーは特徴ある サービスやキャンペーンを打ち出しています。それらを比較してわかった、いちばんおすすめできるプロバイダー>をこのページでご紹介していきます。

はじめに

まずWiMAXという名称をもう一度整理しておきます。旧・WiMAXサービスは2020年3月31日をもって終了し、現在はWiMAX 2+(ワイマックス・ツープラス)という名前に変わっています。いま見聞きするWiMAXという語はWiMAX 2+を指していることが一般的です。

WiMAX 2+を契約するのにはプロバイダーを通して申し込みます。
プロバイダーの数はUQ WiMAX(*)をはじめ20社以上あります。その中からおすすめできるプロバイダーを厳選してご紹介するのがこのページです。選んだ基準は格安であることはもちろんですが、いろいろな特徴がありますのでそちらも合わせてご紹介します。

*UQ WiMAXはWiMAXのMNO(自社の通信回線を利用して通信サービスを提供する事業者)ですからプロバイダーではありませんが、ここでは便宜上そのように表現してします。

どのプロバイダーを選んでも接続エリア回線速度などの品質は基本的には変わりません
どのプロバイダーで契約しても、端末機種は同じものから選ぶことになります。プロバイダー独自の機種はありません。

各プロバイダーによって異なるのは、料金プランや特典、契約後のサポートなどです。

各プロバイダーには「通常プラン」と「ギガ放題プラン」があります。(プランの名称は少し異なるプロバイダーもあります)

【当サイト内参考記事】➡︎通常プラン と ギガ放題プラン

多くの契約者が「ギガ放題プラン」を選んでいます。(例えばBroad WiMAXでは93%がギガ放題を申し込み)
通常プラン」は1ヶ月7GBのデータ通信量になると通信速度が128Kbpsに制限されます。これは実際にはほとんど使えない速度となるでしょう。月7GBの通信量で抑えられる方は少ないと思います。最初は「通常プラン」で申し込んで後から「ギガ放題プラン」に変えるやり方もアリだとは思います。ただし初期の月額割引が適用されなくなることがありますから得な方法ではありません。

以下このページでは、 「ギガ放題・3年プラン」契約を前提として進めてまいります

プロバイダー関連記事▶︎WiMAX のプロバイダー ってなに?

ここがおすすめ! 割安プロバイダー

数多くのプロバイダーの中から、おすすめできるプロバイダーを以下に掲げます。格安であること、魅力的なサービスがあることを条件に精査していくと、おすすめできるWiMAXのプロバイダーは3社に絞ることができます。3社を選んだ基準は次の4点です。それぞれの適用要件はプロバイダーの詳細にあわせて説明してまいります。

プロバイーダー3社 共通
  • 月額料金が格安
  • 初期費用が0円
  • 端末代金が0円
  • LTEオプション料が0円
LTEオプション料とは「ハイスピードプラスエリアモード」を設定した月は別途にかかる費用のことです。3年プラン契約で、LTEオプション料が発生しないプロバイダーを選びました。

(参考記事➡︎ハイスピードプラスエリア モード ってなに?

選んだ3社はいずれも料金の割引があり安価にWiMAXを提供しているプロバイダーです。しかし、月額の決め方に少し違いがあるので合計に差が生じてきます。選ぶうえで、金額の差は重要なことです。さらに加えて各プロバイダーにサービスの特徴があります。これもまた決め手として大切なファクターとなります。それらの要因についてここから詳しく進めていきます。

 

もし迷ったら、バランスがとれたサービスと、月額料金合計が安いBroad WiMAX(ブロードワイマックス) を選べば、まず間違いはないはずです。私もBroad WiMAX を選び、いま現在つかっています。

さて、WiMAXの業界で最安値級かつサービスが整っているプロバイダーは次の3社です。

BroadWiMAX(ブロード ワイマックス)
BroadWiMAX
料金・サービスともにバランスのとれたプロバイダー
初月料金 :2,726円の日割り料金
月額料金合計(36ヶ月):128,626円
■事務手数料:3,000円
初期費用:0円  端末代金:0円
■乗り換え違約金最大19,000円負担サービス
■いつでも解約金0円サポート
■初期契約解除制度
🌟WiMAX満足度・サポート充実度🌟3年連続No.1🌟
GMOとくとくBB WiMAX
とくとくBB WiMAX2+
WiMAXの不安を解消! 20日以内ならキャンセルOK
■初月料金 :2,590円の日割り料金
月額料金合計(36ヶ月):129,904円
■事務手数料:3,000円
■初期費用:0円  ■端末代金:0円
■初期契約解除制度8日以内
■20日以内ならキャンセルOK(ピンポイントエリア判定が「◯」のみ対象)
■3,000円キャッシュバック*(2020年12月現在)*月割りキャンペーンの場合
🌟GMOとくとくBBはプロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業🌟
カシモWiMAX
カシモWiMAX
ややこしいことは何もない! ともかくシンプルに!
■初月料金 :1,380円一律
月額料金合計(36ヶ月):129,960円
■事務手数料:3,000円
■初期費用:0円  ■端末代金:0円
■LTE オプション料金:0円
■1ヶ月目以降ずーっと月額3,610円のシンプル料金
■オプション加入要件無し
■初期契約解除制度8日以内
🌟月額料金が一定のシンプルな料金プラン

上のランキング表でお分かりのように、金額とサービスともにバランスのとれたブロードワイマックスを1位としました。いずれもギガ放題3年契約の比較ですから、1〜36ヶ月の月額料金の合計を比べてみると、ブロードワイマックスがいちばん安くなっています

そればかりでなくサポート体勢や口コミなどを総合して、最もバランスがとれています。乗り換え違約金最大19,000円負担」、「いつでも解約金0円サポートは独自のキャンペーンです。後ほど詳述しますが該当する場合は利用しましょう。

⭐️まよったらここ!ブロードワイマックス!⭐️
🔻ルーター無料・初期費用無料・LTEオプション料が無料🔻

月額の金額表示にご注意

上の表の各社の画像を見て、月額料金の違いにお気づきでしょうか。金額の差が合計金額の差に反映されていませんね。金額をよ〜くご覧になると○○円〜となっています。「」をお見落としなきよう。このカラクリ(?)は次の表をみればおわかりになります。

◉表はスクロールできます(スマホ用)

プロバイダ 初月 ① 1~2ヶ月
(計2ヶ月)
②3~24ヶ月
(計22ヶ月)
③25~36ヶ月
(計12ヶ月)
36ヶ月合計
①②③( )内合計
Broad WiMAX 2,726円の日割り
約91円/1日
2,726円 (5,452円) 3,411円
(75,042円)
4,011円
(48,132円)
128,626円
GMOとくとくBBWiMAX 2,590円の日割り
約86円/1日
2,590円 (5,180円) 3,344円
(73,568円)
4263円
(51,156円)
129,904円
カシモ WiMAX 1,380円

3,610円➡︎ずっーと

129,960円
(税抜)
表🔺の金額(青い数字)は🔻の画像の金額表示です。
Broad WiMAX
ブロード ワイマックス
GMOとくとくBB
WiMAX
カシモ WiMAX
1位 2位 3位
BroadWiMAX とくとくBB WiMAX2+ カシモWiMAX

🔺画像内の金額はブロードワイマックス2,726円)とGMOとくとくBB WiMAX2,590円)は1ヶ月目の月額カシモWiMAX(1,380円)は初月の金額を記載してあるのですね。

 

いちばん安い月の金額を載せているのです。 順位を見ると逆のようですが、実際は36ヶ月を合計すると、ご覧のようにブロードワイマックスがいちばん安くおさまることになります。

表中の36ヶ月の合計金額には、初月の金額を入れてありません。
初月というのは契約の月です。前2社は初月金額は日割り計算ですが、カシモWiMAXは固定です。1日でも30日でも初月1,380円かかります。前2社の日割り金額の15日分程度がカシモの初月金額におおよそ匹敵します。

 

繰りかえしますが、ここで選んだプロバイダー3社は月額料金が安く、端末ルーターやLTE料金が無料です。WiMAX導入の際時の選択肢として欠かせないプロバイダーです。

 

そもそもWiMAXはKDDIグループ企業のUQコミュニケーションズ(「UQ WiMAX」)が2009年に始めたサービスです。それを今はたくさんのプロバイダー(サービス事業者 MVNO)が「UQ WiMAXの商品とサービス」を取り扱っているわけです。もちろんUQ WiMAXでも販売しています。しかし本家ゆえということでしょうか、いわば定価販売のようなもので、端末機器代金は有料です。(15,000円)それにLTEオプションを使用すれば月額1,005円が別途かかります。

参考➡️UQ WiMAX公式サイト

 

⭐️まよったらここ!ブロードワイマックス!⭐️
🔻ルーター無料・初期費用無料・LTEオプション料が無料🔻

検証!Broad WiMAXは本当に安い?

Broad wimax
Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の月額金額は最安値級で、サポートサービスなどにおいてもバランスのとれたプロバイダーです。月額料金が安く、初期費用も端末機器も無料、月間データ量の上限が無い(ギガ放題)などに加え、「いつでも解約金0円サポート」等の他にはないサービスがあります。

ここからは、それらのひとつひとつを取り上げ詳しく検証していきます。

Broad WiMAXの月額料金<

Broad WiMAXの月額料金は次のようになっています。(ギガ放題、2020年12月、税別)

月額 合計 日割り金額
1~2ヵ月目:2,726円 (計 5,452円) 約91円
3~24ヵ月:3,411円 (計 75,042円) 約114円
25ヵ月目以降:4,011円 (計 48,132円) 約134円

36ヶ月の総合計は128,626円
③の( )内合計金額は25〜36ヶ月目の12ヶ月分として計算してあります。
このほかに、初月の2,726円の日割り金額(1日約91円)がかかります。

実際の請求金額の具体例は後ほどお見せします
➡️やはり安かった!ブロードワイマックス【明細書公開!】

Broad WiMAX 初期費用無料

ブロードワイマックスの契約に関する費用は契約事務手数料と初期費用の2つがあります。

契約に関する料金
  • 契約事務手数料 3,000円
  • 初期費用 18,857円
初期費用に関しては【Web割適用時は無料】となります。

Web割適用時無料というのは、⬆︎上記18,857円の初期費用はWebサイトから申し込むと0円(無料)となるキャンペーンのことです。このキャンペーンが適用されるのはクレジットカードでの支払いに限ります

 

また、契約開始月翌月から起算して24ヶ月以内にWiMAX回線を解約する場合、キャンペーン違約金として別途9,500円が発生します。

(違約金なしで乗換えできる、キャンペーンもあります。
➡︎Broad_WiMAXの違約金なしで乗換え

 

初期費用が無料になる申し込み方法は簡単です。

初期費用無料の申込み方法

Broad wimax➡️18,857円の初期費用が無料!! 

初期費用無料の申し込み方法は、⬆︎リンクのサイトから、次の順序で行います。

  1. 申し込みフォームから「月額最安プラン」(ギガ放題プラン、ライトプランのどちらでも可)を選びます。
  2. 支払いは「クレジットカード」で申し込みます。
    そして
  3. 指定オプションサービス*初回加入」すれば、初期費用の18,857円が割引となります。
*指定オプションサービス」は安心サポートプラスMy Broadサポートの2つのオプションです。

  • 安心サポートプラス:端末が故障した場合なども無料修理サービス。(月額550円)
  • My Broadサポート:設定方法や困りごとなどに、電話や遠隔操作で相談できるサービス。(月額907円、最大2ヶ月無料)
「指定オプションサービス」はすぐ解約できる。
この2つのオプションは「初期費用無料」適用になるためには加入しなければなりませんが、端末ルーターが到着してからすぐに無料で解約できます。不要ならすぐ解約してください。私は月額550円の「安心サポートプラス」は加入したままです。「My Broadサポート」は解約を忘れてしまい、のちに解約しました。

ブロードワイマックス
⭐️初期費用無料⬇︎キャンペーン・実施中⭐️

Broad WiMAX 端末(ルーター) 料金が 無料

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)は端末料金が無料です。どのルーターを選んでも料金はかかりません。端末が有料のプロバイダーもあります。例えばUQ WiMAXでは15,000円かかります。Broad WiMAXは最新の4機種全てが無料です。

 

ただし、モバイルルーターの充電器を申し込む場合は、その代金が1,800円(税抜)かかりますが、これは初月だけです。充電器は手持ちのものがあればそれを使うことも出来ます。USBケーブル(USB3.0- TYPE-C)を使ってパソコンなどからの充電も出来ます。

 

クレードルを欲しい場合は3,686円(税抜)です。クレードルがある端末(ルーター)はWX06という機種だけです。

■参考記事➡️WiMAX 端末(ルーター)の選び方
➡️WiMAXのルーターとクレードル/a>

 

端末 オプション料金
  • 端末 無料
  • クレードル WX06 : 初月のみ +3,686円(税抜)
  • 充電器 初月のみ +1,800円(税抜)

*充電は、コンセント変換プラグとUSB充電コード(TypeCまたはマイクロB)でできます。手持ちのものがあれば、それで間に合わせましょう。

LO2:ホームルーター ではこれが最速
HOME02:ホームルーター  最新機種 <有線・無線>対応

W06:最速のモバイルルーターです
wx06;モバイル端末・別売りクレードルが使えます

🔻ブロード WiMAXはどのルーターを選んでも無料🔻

 

Broad WiMAX 「違約金なしで乗換え」とは?

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)では独自のキャンペーンがあります。違約金なしで乗換えができるというものです。これには下の2種類がありまます。他社からの乗換え(乗入れ?)と、他社への乗り換えの2種です。どちらも適用条件にあえば違約金が発生しません

 

2種類の違約金なし
  • 他社から➡︎Broad WiMAXに乗り換えの場合➡︎契約解除料負担のお乗換えキャンペーン
  • Broad WiMAXから➡︎他社に乗り換える場合➡︎いつでも解約サポート

 

契約解除料担のお乗負換えキャンペーン

今現在は他社のインターネットを利用していて、Broad WiMAXに乗り換えると、他社との契約解除金額を負担してくれるというものです。

「他社インターネット」とはWiMAXに限らず ADSL/光回線/ケーブルTV/モバイルWiFiなどすべてのインターネット回線からの乗り換えが対象です。

Broad WiMAXの「いつでも解約サポート」

もう一つは「いつでも解約サポート」です。以前は「ご満足保証」という名前のサービスでしたが名称が変わりました。

Broad WiMAXと契約したものの、使って見てWiMAXに満足できない場合には、Broad WiMAX指定のインターネット回線業者の中から1社を選んで乗り換えるのなら、違約金はかかりません、ということです。

解約したい、というその原因はさまざまです。例えば、次のようなことがあります。

  • 思うような通信速度が得られなかった。
  • 電波が届きにくい、電波が不安定だ。
  • 固定回線に変えたい。
  • データ利用量が増えて通信制限にかかるようになった。

このような場合にも、違約金なしで乗り換えできるというのが「いつでも解約サポート」です。

乗換えキャンペーン」も「いつでも解約サポートも初期費用無料キャンペーン同様、以下の条件で適用されます。

  • webサイトからの申し込み ▶︎ブロードワイマックス
  • 月額最安プラン(ギガorライト)申込み
  • クレジットカード払い
  • 安心サポートプラス、MyBroadサポート加入(◀︎どちらも解約できます。)

乗り換える先で、選べるネット回線は光回線やYahoo! BB など2020年10月現在8種類あります。利用期限はありませんが、乗り換え後のインターネット回線会社に準じた初期費用や工事費は契約者の負担です。

乗り換えできるネット回線

乗り換えできるネット回線」🔺 画像:ブロードワイマックス公式ページより


違約金負担&初期費用0円でお得に乗り換え

私がBroad WiMAXを選んだのは、まさにこの「契約解除料負担のお乗換えキャンペーン」があったからです。この先引越しなどで環境が変わった場合は光回線に戻りたいことが出てくるかもしれません。その時は、乗換えキャンペーンを利用させてもらいます。

 

他社から乗り換えは「違約金負担
他社回線へ乗り換えは「いつでも解約サポート

ブロードワイマックス公式サイト

やっぱり安かった!ブロードワイマックス!【明細書公開!】

この項では、私のブロードマックスの請求明細をお見せします。実際に支払った金額をご覧いただき、参考になさってください。

時系列を書き留めておきます。
2020年8月23日  ここから🔻申し込みました。
\\ブロードワイマックスなら最短で即日開通//

申込み内容
■機種 Speed Wi-Fi NEXT W06 ホワイト×シルバー
■プラン ギガ放題月額最安プラン
■料金
基本月額   :4,413 円
事務手数料  :3,300 円
初期費用   : - 円
■割引
-754円(3ヶ月目まで)
-660円(24ヶ月目まで)
■オプション
安心サポートプラス(605円) :あり
MyBroadサポート(998円) :あり
okaimoa(660円) :なし
クレードル(4,055円):なし
ACアダプタ(1,980円) :あり
■金額はすべて税込み価格での記載です。

赤い枠で囲んだオプションのうち 「安心サポートプラス」と「MyBroadサポート」の2つは、初期費用の18,857円を無料とするためには加入しなければなりません。しかし端末が到着次第、即解約できます

「ACアダプタ」は1,980円(税込)です。手持ちのUSBケーブル*とACアダプタがあればそれで構いません。あるいは、安いものがたくさん売られていますから、それらを利用してもいいかと思います。TypeC変換コネクタは同梱されていました。
(*上はW06の場合です。WX06もACアダプタは別売りですが、USBケーブルは初回同梱されているようです。)

 

2020年8月24日 
端末ルーターが届きました。この日が初月の1日目となります。

WiMAXルーター届く

web申し込みの翌日8月24日に ルーターW06が届きました。

 

2020年8月【初月の明細書】 
初月は日割り計算です。8月24日にルーターが届いて、月末31日までの計8日間の金額が初月額となりました。
月額2,726÷31x8日x1.1(税)=733円(税込)
契約事務手数料:3,300円(税込)
安心サポートプラス:605円(税込)
充電器:1,980円(税込)
合計:6,658円
*充電器を購入しなければ初月8日間 合計は4,678円です

初月の明細書

ブロードワイマックス・初月の明細書

 

2020年9月【1ヶ月目の明細書】 
1ヶ月目〜2ヶ月目の月額は2,726円+税=2,999円です。
私は安心サポートプラス605円に加入していますから合計3,604円となりました。

BroadWiMAX・1ヶ月目の明細

BroadWiMAX・1ヶ月目の明細

 

2020年10月【2ヶ月目の明細書】 

2ヶ月目は本来なら1ヶ月目と同じ料金2,999円(税込)です。
安心サポートプラス605円に加入していますので、合計3,604円のはずです。
が、 先払いキャンペーン】のオファーがありました。1年分まとめて先払いすると、1ヶ月分が無料となるものです。これに乗ることにしました。12ヶ月間の合計金額45,036円が1ヶ月分(3,753円)安くなって41,283円になります。
安くなった年間分の41,283円をこの月は13,761円と翌月27、522円の2回に分けて支払います。

それで今月の金額は15,364円になりました。
13,761円+安心サポートプラス605円+MyBroadサポート998円
(*MyBroadサポート998円の解約を忘れていました。ばかですね。)

ブロードワイマックス・2ヶ月目の明細書

ブロードワイマックス・2ヶ月目の明細書

 

 

2020年11月【3ヶ月目の明細書】   3ヶ月目から24ヶ月目の月額は本来なら毎月3,753円(3,411円+税)の支払いだけです。
先に申しましたように【先払いキャンペーン】に申し込みましたので、この月は2回目の支払い27,522円(税込)加算されます。それにオプションの安心サポートプラスとMyBroadサポート29,125円になりました。
先払い2回目27,522円+安心サポートプラス605円+MyBroadサポート998円
(オプションの解約を忘れています)
BroadWiMAX・3ヶ月目の明細書

BroadWiMAX・3ヶ月目の明細書

 

 

2020年12月【4ヶ月目の明細書】 
通常ならこの月も3,753円ですが、
先払いキャンペーン】に申し込み、支払いを先月と先々月で済ませました。よってこの月の月額は0円です。適用月から13カ月目まで、この場合は翌年の11月まで月額0円が続きます。月額1ヶ月分の得をしましたが、その間に解約した場合には先払いのお金は戻りません。先払いの際にはご注意してください。

オプションにまだ入ったままでしたので実際の支払いは1,603円となりました。
13,761円+安心サポートプラス605円+MyBroadサポート998円

この月にやっと、【MyBroadサポート】(998円)を解約しました。来月からは課金されなくなります。MyBroadサポートは初月と1ヶ月目は無料ですが、必要なければすぐ解約した方がいいでしょう。私はサポートの利用を一度もしませんでしたから、3ヶ月ぶん無駄に支払ってしまいました。

安心サポートプラス(605円)は続けようと思っています。

ブロードワイマックス・4ヶ月目の明細書

ブロードワイマックス・4ヶ月目の明細書

 

2021年1月【5ヶ月目の明細書】 
通常ならこの月も3,753円ですが、
先払いキャンペーン】で月額料金を支払済ですから、月額は0円です

この月から、「My Broadサポート」を解約しました。「安心サポートプラス」は加入したまま続けています。その金額605円だけの支払いでした。11月までこの金額がつづくことになります。

ブロードワイマックス・5ヶ月目の明細書

ブロードワイマックス・5ヶ月目の明細書

まとめ WiMAXの契約を検討している方へ

ブロードマックスは、3年使えばいちばんお得になるわけです。初月や1〜2ヶ月目、あるいは3〜24ヶ月目はブロードワイマックスより低く抑えたプロバイダーもあります。しかし25月ヶ目からは月額4,011円(税抜)ですから、3年のトータルでは安くなっていることになります。

(税抜)

金額 合計
初月 2,726円の日割り 約91円x日数
1~2ヵ月目 2,726円 計 5,452円
3~24ヵ月 3,411円 計 75,042円
25ヵ月目以降 4,011円 計 48,132円
(25〜36ヶ月目の12ヶ月分)

初月を除く、1~36ヶ月の総合計は128,626円(税抜)

結局、月額を安く押さえてWiMAXを使いたい方はBroad WiMAX(ブロード ワイマックス)一択ですね

使ってみたが何らかの事情で、途中で解約したくなったという場合には「いつでも解約サポート」を使って他の回線へ違約金無しで乗り換えることが出来ます。

Broad WiMAXの月額

ブロードワイマックス公式サイト

おすすめの記事